警戒 (Qui-vive)

サイトスペシフィック・インスタレーション、, 2012
サミュエル・ビャンキニ(Samuel Bianchini)

、ギャラリー「Art & Essai」、レンヌ第2大学(Université Rennes 2)(フランス)
制作:レンヌ第2大学(レンヌ技師養成高等学校(École supérieure d’ingénieurs de Rennes)(Esir)―レンヌ第1大学(Université de Rennes 1) の協力による。)
キュレーター:ドニ・ブリアン(Denis Briand)、マリオン・オルフェルト(Marion Hohlfeldt)
技術立案・制作:マエル・テイヤン(Maël Teillant)
技術的専門知識・助言:パトリス・バルベル(Patrice Barbel)(Esir―レンヌ第1大学)
技術アシスタント:グヴナエル・ペイアン(Gwenaël Payen)
制作部:アントワーヌ・ベルトロン(Antoine Bertron)、リュドヴィク・ジュエ(Ludovic Jouet)、シャルレ・ルバルビエ(Charley Lebarbier)
レンヌ第2大学、造形芸術学部、アーティストレジデンス企画準備:クリストフ・ヴィアール(Christophe Viart)
コラボレーション:トマ・ジリー(Thomas Gilly)、ポール・ファン(Paul Phan)(レンヌ技師養成高等学校 (Esir)―レンヌ第1大学2011-2012年度学生)、アリーヌ・バンサール(Aline Bansard)、ボリス・クレマンサール(Boris Clémensart)、マクシム・ル・クランシュ(Maxime Le Clanche)、ロレーヌ・マラン(Laurène Marin)、エカラ・トゾンボン(Ekarat Tosomboon)、トニ・ヴァンプック(Tony Vanpoucke)(レンヌ第2大学造形芸術学部2011-12年度学生)トマ・ムラン(Thomas Moulin)(レンヌ第1大学造形芸術学部2011-12年度学生)

 

 


To download this image in high definition (Tiff), click here


To download this image in high definition (Tiff), click here


To download this image in high definition (Tiff), click here


To download this image in high definition (Tiff), click here


To download this image in high definition (Tiff), click here

警戒, サミュエル・ビャンキニ(Samuel Bianchini), 2012
、ギャラリー「Art & Essai」、レンヌ第2大学(Université Rennes 2)(フランス)
写真撮影 : © Samuel Bianchini - ADAGP

 

 


ギャラリー「Art & Essai」はレンヌ第2大学構内、学生や研究者が利用す る大学図書館の下、地下と1階の間にある。この巨大ギャラリーには、見学 者を除けば、図書館利用者がたてる足音や椅子の動きの音のリズムしかない。 テーブルや椅子は始終使われている──ストライキ中でも大学を封鎖する ために使われている──から、椅子やテーブルを気に止める人はもういない。しかしこのサイト・スペシフィックインスタレーション作品《警戒》では、
これらのテーブルや椅子が動員され、このときばかりは注目を集める。無秩 序に集められ、並べられ、積み上げられたこれらの家具は、みずから動き、周囲の活動に反応する物理的能力をこのときばかりは与えられたのである。 テーブルと椅子で構成された巨大な集合体は、あるものは何メートルも移動 し、またあるものは人間に邪魔された休息中の動物がひと息つくかのように、 その内部で運動する。人間は急にやってきては、腰かけたり台として使われ るように、あるいは封鎖バリケードに使われるように、椅子やテーブルに要
求する。ギャラリー内や周囲の、とくに図書館から来た鑑賞者の行動は、そ れがいかなるものであれ、わずかなものではあっても潜在的で、遅くはあっ てもきわめて物理的な反応を、この家具の集合体に惹き起こす。跳ね起きた りゆっくり移動したりひっくり返ったり……こういった動きは、それが惹き 起こす数々の軋みや、大部分が薄明かりに沈んだギャラリーの照明の変化に よって強調される。環境・家具・鑑賞者はいずれも、警戒を余儀なくされる。 つまり、三要素それぞれの意図するものはどういうものでありうるかをを自 問しつつ、周囲に注意を払うことを要求されるのである。


 

 



警戒, サミュエル・ビャンキニ(Samuel Bianchini), 2012
、ギャラリー「Art & Essai」、レンヌ第2大学(Université Rennes 2)(フランス)
Video - 3mn52s - High band request
Images : Créa, Université Rennes 2
Editing : Anne Lemarchand

 


To download this image in high definition (Tiff), click here


To download this image in high definition (Tiff), click here


To download this image in high definition (Tiff), click here


To download this image in high definition (Tiff), click here


To download this image in high definition (Tiff), click here


To download this image in high definition (Tiff), click here


To download this image in high definition (Tiff), click here


To download this image in high definition (Tiff), click here

警戒, サミュエル・ビャンキニ(Samuel Bianchini), 2012
、ギャラリー「Art & Essai」、レンヌ第2大学(Université Rennes 2)(フランス)
写真撮影 : © Samuel Bianchini - ADAGP

 

 


To download this image in high definition (Tiff), click here

レンヌ第2大学(Université Rennes 2)(フランス)2012
“vive la dictariat du prolétature", inscription datant des années 70 et emblématique de la politisation de cette université.
Cf. l'ouvrage V.L.D.D.P.*de Denis Briand sur le sujet, Éd. Incertain Sens, 2010.
写真撮影 : © Samuel Bianchini - ADAGP