スナイパー (Sniper)

《Dispn》(Disp exposant n、複製可能な作品中1点を展示)シリーズ
ウェブ上およびインスタレーションでのインタラクティブ装置、1999年
サミュエル・ビャンキニ(Samuel Bianchini)

プログラミング: エマニュエル・メオワ(Emmanuel Méhois)(ウェブ)、
ウサマ・ミュバラク(Oussama Mubarak)(インスタレーション)
ハイナー・シュタットラー(Heiner Stadler)に《Warshots》より映像の使 用許可をいただきました。
To access the online work: http://sniper.dispotheque.org

 

 


To download this image in high definition (Tiff), click here


To download this image in high definition (Tiff), click here

スナイパー サミュエル・ビャンキニ(Samuel Bianchini), 1999
「メンテナンス(Maintenance)」、個展、ヨーロッパ高等映像学校(École européenne supérieure de l’image)(ポワチエ、フランス)、2010 年5月4日-6月4日。
写真撮影 : © Samuel Bianchini - ADAGP

 

 


《スナイパー》では、スナイパーによって狙撃された女性が倒れる数秒間 の映像のシークェンスが体験できる。映像はドイツ人監督ハイナー・シュタ ットラーの《Warshots》から抜粋したものであり、「スナイパー」はこの作 品へのレスポンスである。映像はそれぞれ25分割されている。分割されたコ マの上をカーソルが通過すると、通過されたコマは続きを映し出す。そのた め、画面を構成する複数の映像の断片は、転倒のさまざまな瞬間を同一平面 上に並べることになる。この「時間の奥行き」が「観客の操作」の対象とな る。このようにして、観客はスナイパーにとって代わる。観客は画面中の状 況に責任を負わされていることにしだいに気づき、自分の行動がどのような 結果を引き起こすのか意識することになる。


 

 


To download this image in high definition (Tiff), click here

 

   

To download the image series in high definition (Tiff), click here

スナイパー サミュエル・ビャンキニ(Samuel Bianchini), 2009
「メディアの現実において操作すること(Opérer dans la réalité médiatique)」、博士論文口頭試問個展、パレ・ド・ドーキョー / 現代創 造サイト(Palais de Tokyo - Site de création contemporaine)、パリ、 2004年11月16日-12月5日。
写真撮影  : © Samuel Bianchini - ADAGP