みんないっしょに (Tous ensemble)

インタラクティブインスタレーション、 2007年
サミュエル・ビャンキニ(Samuel Bianchini)

プログラミング : エマニュエル・メオワ(Emmanuel Méhois)
アニメーション : パスカル・ロド(Pascal Loddo)、パトリック・
エプネル(Patrick Hepner)
制作 : Dispothèque(CiTu (パリ第8大学)の助成による)
謝辞: ミシェル・サンゴール(Michèle Senghor)

 

 

To download this image in high definition (Tiff), click here

To download this image in high definition (Tiff), click here

To download this image in high definition (Tiff), click here

みんないっしょに, サミュエル・ビャンキニ(Samuel Bianchini), 2007
」、個展、メナジュリ・ド・ヴェール(La Ménagerie de verre)、パリ、2007年6月15日。
写真撮影 : © Samuel Bianchini - ADAGP,  乌萨马·穆巴哈克(Oussama Mubarak)

 

 


《みんないっしょに》はインタラクティブなインスタレーションである。 画面上に、ある大通りの眺めが一連の画像(20枚から40枚)によって呈示さ れる。通りは人気がないか、一人あるいは数人の人物がいるだけだ。写って いる人物は画像によって一枚一枚異なっている。いずれもデモの参加者であ る。単独で、あるいは少人数のグループで、徒歩で、あるいは車に乗って、 全員同じ方向に前進している。このようにデモ参加者は、各自独立した状態 で、プラカードや横断幕や旗を持っている。デモ仕様の乗り物が画像のなか を行進することもある。
画像の前の大きな台の上に、複数(最低5台)のマウスが置かれており、 鑑賞者の参加が促される。1枚の画像およびそのなかの人物の上をカーソル で指定してクリックすると、その人物が数メートル前進する。画像から画像 へ、つぎつぎと参加者が登場し、デモ隊が練り歩く。人数は増減し、同期す る程度も変化する。インタラクションの状況は単純なものであるが、画面上 にひとつしかないカーソルの移動は、上記の方法で動かされたマウスの運動 の全体、および1台1台異なる移動をリアルタイムに計算して得られた平均値 によって決定されるからである。鑑賞者全員が、たったひとつのカーソルを 操作することになっているのだ。画面に向かって行動する鑑賞者の側にも、 チームワークが必要とされる。


 

 

 
     
 
     
 
     
 
     
 

 

To download this image in high definition (Tiff), click here

 

 


To download this image in high definition (Tiff), click here


To download this image in high definition (Tiff), click here

 

To download the image series in high definition (Tiff), click here

みんないっしょに, サミュエル・ビャンキニ(Samuel Bianchini), 2007
「オペレーション オペレーション(OPERATION OPERATION)」、個展、イラン・アンジェル ギャラリー(Ilan Engel Gallery)、パリ、2012年3月17日-5月12日。
写真撮影 : © Samuel Bianchini - ADAGP