コールバック (Rappel)

インタラクティブ音響インスタレーション、 2005年
サミュエル・ビャンキニ(Samuel Bianchini)

エンジニア: ジャン=バティスト・ドルレール(Jean-Baptiste Droulers)

 

 


To download this image in high definition (Tiff), click here

コールバック, サミュエル・ビャンキニ(Samuel Bianchini), 2005
「トレーニングセンター(Training Center)」、 個展、ヴィラ・フォルモーズ(La Villa Formose)、 ポー芸術・コミュニケーション高等学校(École supérieure des arts et de la communication de Pau)ギャラリー(フランス)、2005年5月12-27日。
写真撮影 : © Samuel Bianchini - ADAGP

 

 


《コールバック》は展覧会の展示室に設置されたインタラクティブな音響 インスタレーションである。この装置は「人感センサー」のようなもので、 最後の鑑賞者が展示室を出るときに音を発する。その音とはサポーターの歓 声である。人の存在を感じさせる空虚な空間を背後に、鑑賞者は展示室をあ とにする。《コールバック》は自律したひとつの作品と見なしてもよいが、 それがスポーツイベントやショーをモチーフとした同じ作者の《トレーニン グセンター》《ガードせよ》《人数が多ければ多いほど》《ポリミック》な どの視覚的インタラクティブインスタレーションと同じ部屋に展示されるほ うが望ましい。上記のインスタレーションはすべてスポーツやショー、ある いはその両方に依存しているが、鑑賞者を「パフォーマンス」の領域へと招 く。
《コールバック》は目に見えないが音がし、展示室を出るときになって鑑 賞者の意表を突く。さきほどまで操作していた作品をあとにするときに、 鑑賞者はこの喝采によってかすかな混乱に陥れられ、自分が体験したばかり のものを振り返りたくなる。この喝采の理由は何なのだろうか。どこで喝采 しているのか。だれに喝采しているのか。自分にか、それとも画像の登場人 物にか。最後まで不確実なままである。鑑賞者の演出は「二重」であり、 受動的なものとしても能動的なものとしても理解が可能である。


 

 



コールバック, サミュエル・ビャンキニ(Samuel Bianchini), 2005
Video - 29s - High band request
Images and editing : © Samuel Bianchini - ADAGP